ルマレへのゲイガイド

ルマレへのゲイガイド

マレ地区は、パリで最も象徴的な地区のXNUMXつです。

It is the main hub is Paris' gay community and also its Jewish community.それは、パリのゲイコミュニティとそのユダヤ人コミュニティの主要なハブです。 Parisian Jewish life has mostly been centred around Le Marais since the Middle Ages.パリのユダヤ人の生活は、中世以来、主にマレ地区を中心としてきました。 The gay scene only emerged in the 1980s.ゲイシーンはXNUMX年代にのみ登場しました。

Prior to the French Revolution, much of the French aristocracy lived in Le Marais.フランス革命以前は、フランスの貴族の多くはマレ地区に住んでいました。 After the Revolution, they moved onto Saint Germain des Pres.革命後、彼らはサンジェルマンデプレに移りました。 In their wake, Le Marais became more of a commercial district.その結果、マレ地区はより商業地区になりました。 Today it is a hub of art galleries, boutique shops and chic restaurants.今日では、アートギャラリー、ブティックショップ、シックなレストランのハブとなっています。 Not to mention some of the most elegantly dressed people you will ever see.あなたが今まで見た中で最もエレガントな服を着た人々の何人かは言うまでもありません。

ルマレパリ

マレ地区の午後

Le Marais gives you a rare glimpse of old Paris.マレ地区では、昔のパリを垣間見ることができます。 So much of the city was destroyed and rebuilt in the mid-19th century by Georges-Eugène Haussmann.街の大部分は、XNUMX世紀半ばにジョルジュ・オスマンによって破壊され、再建されました。 He demolished the winding streets of the medieval neighbourhoods and built the vast boulevards we stroll down today.彼は中世の近所の曲がりくねった通りを取り壊し、今日私たちが散歩する広大な大通りを建設しました。 Curiously, the boulevards were designed to suppress dissent should Paris erupt into revolution again.不思議なことに、大通りはパリが再び革命を起こした場合に異議を抑えるように設計されていました。 The long, straight boulevards would make things easier for the authorities to put down a revolt.長くまっすぐな大通りは、当局が反乱を鎮圧するのを容易にするでしょう。

In Le Marais you'll see more pre-Revolution buildings than in any other part of the city.マレ地区では、市内の他のどの地域よりも多くの革命前の建物を見ることができます。 The streets are full of achingly trendy boutiques.通りは痛々しいほどトレンディなブティックでいっぱいです。 It's a must if you love clothes and you're not averse to spending large amounts of money.あなたが服を愛し、あなたが多額のお金を使うことを嫌がらないなら、それは絶対必要です。 Then again, the French flaneurs practically invented window shopping.それから再び、フランスのフラヌールは実際にウィンドウショッピングを発明しました。

サント クロワ通りには、ゲイの象徴的な書店 Les Mots A La Bouche があります。 英語の書籍も取り揃えているので、フランス語が話せなくても安心です。 エッチなプレゼントを家に送りたいと思ったら、かなり人目を引くポストカードや雑誌も見つかります。 フランスのポストカードはパリを象徴する輸出品です。

ピカソ美術館は、トリニー通りのオテル サレにあります。 ここには 5000 点を超えるピカソの作品があり、世界最大のピカソの常設コレクションです。 写真は素晴らしい環境の中で、やや無計画に展示されています。 それらは時系列やテーマ別に設定されていません。 とにかく、この博物館は必見です。 帰る時には、とても文化的で洗練された気分になるでしょう。

ルマレパリ

マレ地区のどこで食べるか

ル・マレのファラフェルは伝説的です。 ロジエ通りでは、ラス デュ ファラフェルやキング ファラフェル パレスなど、さまざまなファラフェル店の外に長い行列ができています。 テーブルがあれば店内で食べることもできます。 あるいは、街角に止まって、世界の移り変わりを眺めながら食事をすることもできます。 多くの人が後者のオプションを選択していることに気づくでしょう。

On the same street, you could also try Sacha Finkelsztajn and gorge on hearty Jewish cuisine.同じ通りで、Sacha Finkelsztajnを試して、心のこもったユダヤ料理を楽しむこともできます。 The cheesecake and gefilte fish are a must.チーズケーキとゲフィルテフィッシュは必見です。

古き世界の豪華なエレガンツァを楽しみたいなら、Benoit へ行ってください。 マレ地区の境界にあるオテル・ド・ヴィルのすぐそばにあります。 装飾は神聖です - だまし絵の天井と赤いベルベットの椅子について話しています。 Benoitはパリで最も古いビストロのXNUMXつで、ミシュランの星を獲得しています。 ここでは、古典的なフランス料理を満喫し、ミッドナイト・イン・パリの幻想的な雰囲気を味わうことができます。

ルマレパリ

マレ地区での夜の外出

午後5時以降に深夜バーがオープンすると、ゲイたちが遊びに来ます。 アーカイブ通りへ向かいます。 ここにル・コックスがいます(後ろで冷笑することはありません)。 見逃せない活気のあるゲイ バーです。通りにはいつも大勢の人が溢れています。

隣のバーは フリージ。 Happy hour goes on till 10 pm.ハッピーアワーは午後XNUMX時まで続きます。 As well as cheap drinks you'll see some of the finest specimens of the Parisian night.安い飲み物だけでなく、パリの夜の最高の標本のいくつかを見ることができます。

If loud bars aren't your scene then head to Rue Vieille du Temple and have a drink at La Belle Hortense, a super chic bookshop that also has a bar!騒々しいバーがあなたのシーンではない場合は、ヴィエイユデュテンプル通りに向かい、バーもある超シックな書店のラベルホルテンスでドリンクをお楽しみください! Here you can avoid the disco dollies and drink with literary folk till 2 am.ここでは、ディスコドリーを避けて、午前XNUMX時まで文学者と一緒に飲むことができます。

ル マレを散策するとき​​はいつでも、最も楽しいアクティビティは人々を観察することです。 見た目も素晴らしく見える傾向があるので、ファッション性を高めることをお勧めします。 カテゴリーは「控えめなエレガンス」です。

続きを読む: ゲイパリを探索する | パリでやるべきこと.

参加します Travel Gay ニュースレター

今日は何ですか

その他のゲイ旅行ニュース、インタビュー、機能

パリのベストツアー

ツアー開始の24時間前に無料でキャンセルできる、パートナーからのパリのツアーのセレクションをご覧ください。

また, 最高の経験 in パリ あなたの旅行のためにあなたのガイドを入手

注目のホテル

ブックA Travel Gay 認定ホテル